オールインワン化粧品について

オールインワン化粧品の効果は?メリットとデメリットについて

 

たった一つで化粧水や美容液、乳液など基礎化粧品の役割を果たしてくれるオールインワン化粧品は、忙しい現代を生きる女性にとってありがたいアイテムです。時には、化粧下地や日焼け止め効果が含まれているものもあり、とても便利です。

 

これまで化粧品をいくつも使っていたのが一つで済む手軽さが人気で、愛用されている方も多いでしょう。しかし、一方でオールインワン化粧品が基礎化粧品それぞれの役割をしっかり果たしてくれるのかと、その効果に不安を持つ声もあります。そもそも基礎化粧品が持つ役割とは何なのでしょうか?

 

今回は、エミーノボーテのようなオールインワン化粧品の効果についてメリットとデメリットに分けて紹介していきます。

 

基礎化粧品が持つ役割

化粧水や乳液といった基礎化粧品には、それぞれ大切な役割があります。化粧水の役割は、洗顔で失われた肌の水分を補給して肌をふっくらさせるというものです。さらに言えば、肌表面の角質層に水分を浸透させることで肌を整え、含まれている水性の美容成分を肌に届け、その後に使う乳液などの成分の効果を高めます。

 

角質層は、角質細胞とそのすき間を埋めている細胞間脂質というものがレンガとセメントのように何層も連なって構成されています。この細胞間脂質には角質層の水分の80%以上が含まれており、水分量が不足すると肌のバリア機能が低下して肌トラブルを引き起こします。化粧水を使うことで、角質層が水分で満たされるようになり、肌のバリア機能を向上させることにつながります。次に乳液の役割を見ていきましょう。

 

乳液は、化粧水とは異なり水分だけでなく油分を含みます。本来、肌の表面には汗と皮脂が混ざり合ってできる「皮脂膜」が天然のクリームとして肌内部の水分蒸発を防いだり、外部からの刺激を受けにくくして守ったりしています。

 

しかしクレンジングや洗顔直後の肌は、この皮脂膜も洗い流されてしまっているので乳液の油分で膜を作る必要があります。そうすることで、化粧水の水分や美容成分が肌の内側にとじこめられたまま蒸発することなく保たれます。一言で「保湿」といっても、化粧水と乳液だけでこんなに役割が違うのです。

 

オールインワン化粧品のメリット

単体の化粧品と比べると効果は落ちると言われるオールインワン化粧品ですが、その手軽さは忙しい朝や疲れて帰ってきた日などには重宝します。

 

最近の化粧品の中には高性能すぎて肌を甘やかしてしまい、肌が本来持つ保湿機能や自己再生力などを低下させることにつながるという指摘もあるぐらいですから、最小限の効果にとどめたオールインワン化粧品の方が、肌が自立して強くなり、肌が本来持つ力が高まるという見方もできます。

 

オールインワン化粧品とひとくちにいっても、その種類は年々増え、保湿力が高いもの、美白効果が高いものなど自分の肌に合わせて選ぶことで、かなり満足のいく美容効果が得られるでしょう。また、単品を買いそろえるよりも安価で経済的です。化粧水、美容液、乳液、美容クリームをそれぞれ購入すると簡単に1万円を超えてしまいますが、これらの成分を含んだオールインワン化粧品なら大体1万円以下で購入することができます。

 

置き場所も商品1つ分で済みますので、これまでのように化粧台にずらっと並べる必要がありませんし、旅行や出張にも持っていきやすく便利です。

 

オールインワン化粧品のデメリット

単体の化粧品とオールインワン化粧品を、それぞれの基礎化粧品が持つ効果ごとに比べた場合、ほとんどのオールインワン化粧品が単体の化粧品より劣るそうです。保湿力が高いものは油分が少なくバリア機能が低かったり、下地成分を含むものは単体で使っていた時よりもファンデーションが崩れやすかったり夜に使用すると肌荒れをすることがあったりと全てが100点というわけにはいきません。

 

ですから実際には他の基礎化粧品と併用している女性も多いようです。また、上記で述べたように、基礎化粧品にはそれぞれ役割があり、使用する順番も重要です。具体的にスキンケアは化粧水、美容液、乳液、美容クリームという順で行われ、そうすることで水分や美容成分を肌の内部に浸透させて閉じ込めることができます。

 

つまり、オールインワン化粧品で一気にスキンケアを行うことは、水分や美容成分を肌に満足に浸透させられないことが多くなります。そして、オールインワン化粧品だと肌のコンディションに合わせて使うことが難しいというのもデメリットの一つです。「日焼けをしたので化粧水でコットンパックする」「肌の乾燥が目立つので美容液を多めにつける」のようなその日の肌状態に合わせた対応がオールインワン化粧品には困難です。

 

さらに、敏感肌など肌の弱い人の場合、オールインワン化粧品が肌に合わず肌トラブルが起こりやすくなるケースがあります。これは、オールインワン化粧品には単体のものに比べて多くの成分を配合しているので、肌トラブルを引き起こす可能性が高いと考えられます。肌の弱い人は、自分に合った化粧品をひとつずつ使って丁寧にケアすることが大切です。

 

オールインワン化粧品のメリット・デメリットまとめ

ここまでオールインワン化粧品のメリットとデメリットを見てきましたが、結局は機能性をとるか便利さをとるかという問題ですよね。

 

単体の化粧品はめんどくさくてやってられないという方には、とても簡単にスキンケアが終わらせられるエミーノボーテのようなオールインワン化粧品が向いていると思います。